So-net無料ブログ作成

ビリージョエル [音楽]

昨日、ビリージョエルの11年ぶりに行われた単独コンサトに行ってきた。

元々は嫁が「最後になるかもしれないから」と言うことで、チケットを購入し
折角だから二人で、となったのだけど、実際には自分の方が盛り上がり、アドレナリンでまくり
懐かしいやら感動するやら、最高にすばらしいライブを堪能してしまった。

とにかく、あの声、そしてピアノ演奏、さらにはギタープレイにマイクパフォーマンス
どれをとっても奇跡的な天才のコンサートとしか言いようがなかった。
前半にいきなりオネスティーが始まって、まわりも静かで一緒に歌える雰囲気ではなかったけど、
あまりのすばらしさに我慢できず涙があふれてきました。

サプライズとしては、オーストラリアで演奏したらしいAC/DC(オーストラリア出身)の
HighwayToHellをギター演奏したこと!
後から嫁さんに聞いたところ、まわりのおじさん達は「ポカン」としながら、何となく手拍子していたらしいけど
私は一人でヘッドバンギング!!&Shout!
アンガスヤングばりに頭を振り振り堪能致しました。
それにしても御歳55歳で、HighwayToHellでギターとは・・・最高です。

最後の締めはピアノマン。
とにかく初っぱなからピアノの演奏はすばらしく、早弾きもガッツリこなし
締めにはみんなで大合唱。

本当にこのコンサートに誘ってくれた嫁には感謝です。
早く映像が見たいな・・・

最後に、すばらしいとは思いつつ名前や曲名などがカタカナなのは思い入れの差という事でご容赦。


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 3

naonao

興奮の様子が伝わってきます。
私は夏のミュージカルMovin'Outで満足して今回のビリーのコンサートは行かなかったのですが、たくさんの人がブログにアップしてるので嬉しい限りです。30日の東京ドームの様子がスカパーあたりで4月に放送されるとか。
こちらも楽しみですね!!
私もビリーファンで曲目は全て知ってるつもりですが、UDO事務所で演目確認してたらこのHighwayToHellが載ってました。これってAC/DCというオーストラリア出身のグループの曲なのですか???
by naonao (2006-11-29 22:27) 

cotaro

naonaoさん
もう確認済みかもしれませんが、AC/DCはオーストラリアで育ち、
イギリスを初めとして70年代にHardROCKシーンを席巻したメジャーバンドです。
多分欧米の人の殆どが、青春時代に聞いていたと思われる。
海外の映画作品にも多数、挿入曲やT-シャツ等の小物として利用されています。敬虔なキリスト教徒から不良の代名詞的に「AC/DCを聞く様なやつ」
と言われる様なシーンが出てきます。当時ROCK=不良の時代にポピュラーだったんですね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%A4%E3%83%B3%E3%82%B0
http://ja.wikipedia.org/wiki/AC/DC

スカパー!では、30日の公演が放映される様なので、28日との違いなどがないか、楽しみにしています。
そういえば、入場の際に渡されたパンフレットに、Net配信するサイトがあると書いてあった様な・・・
そっちも気になっているので今度確認します。

ちなみに、日記代わりに使っているだけなので、ブログのシステムがいまいち良く分かりません(^^;)
失礼があったらご容赦下さい。。。
by cotaro (2006-12-04 12:09) 

naonao

私、AC/DCのことは全然知りませんでした。cotaroさん、解説丁寧にどうもありがとうございました。今ネットでも昔のビリーのビデオなんかが見られてすごいですね。今年のアメリカでのコンサートの模様なんかも細切れですが見られたり、またアメリカやオーストラリアで今年撮ったインタビューなんかも載せてあり興奮して見てました。
また私も悔しいのでブログにビリーの記事をアップしました。トラックバックさせていただきました。よろしくお願いします。
またNet配信のことわかったら是非おしえて下さい。
by naonao (2006-12-06 21:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。