So-net無料ブログ作成

デビュー [音楽]

土曜日に釣りから帰ってきて一休みした後

嫁さんと一緒に、長女の初舞台を見に行きました!


地元の駅で、商店会主催のお祭りとして大学生が主体となり

毎年行われているイベントになります

場所は駅を出てすぐの、某大学のバス折り返し所


2時45分からということなので、2:30バイクにタンデムで家を出ると

到着したときすでにそこは灼熱地獄でした^^;


下がアスファルトなので、上下からとてつもない熱気

これじゃ子供がかわいそう。。。。

既にスタンバイ状態なので、人の輪ができており、その後ろから見ることにした

D1000318.JPG

娘の演奏は・・・ま、よく頑張りました^^

暑さのせいかトランペットの子なんて、かわいそうにまともに吹けていない状態

後から聞いたら暑すぎで楽器持つのも大変だったみたいです。

来年もこりゃ苦労するな・・・

お届け物が・・・ [音楽]

昨日仕事が終わって家に帰ると
玄関になにやら荷物が届いている。。

D1000259.JPG





中を見ると











キタ~~~~~~~!
D1000260.JPG
相変わらず、ぶれていますが・・・・・


JudasPriestの新譜
ノストラダムス!!



1曲目からいろんな意味でやられました。
分かる人には分かるとおもいますが、言葉に表しようもないすごさです・・・音の厚みがメタルを超越していました

ツボだったらしく、無理矢理一緒に聴いていた嫁さんは脳みそ沸騰しちゃいました
2曲目からは別人になっていました^^;

本当に壮大な音楽世界が広がっています

今日も帰ってから聴くのが楽しみです^^

ビリージョエル来日 [音楽]

JudasPriestが来るのでチケットを買うべくUDOを訪れると

何と以前感動のライブを見せてくれたビリージョエルさんがまた来るというではないですか!
しかも今回は1DAYとのこと


昨日からチケットが発売されています
http://www.udo.co.jp/artist/BillyJoel/index.html


ちなみに本家のサイト
http://www.billyjoel.com/

我が家では、嫁さんと会議した結果今年は予算の関係から見送ることとなりました・・・(T_T)


めちゃくちゃ良いライブなので、好きな方は是非行くことをお勧めします!

JudasPriest 再降臨! [音楽]

確かまだ高校1年だったころ、あるアルバムに衝撃を受けた

「背徳の掟」

鋼鉄の固まりのようなその音と心地よいメロディー
当時まだメタルのなんたるかを知らない時代

中ボー時代にTOTOとかASIAとか聞いてJOURNEYに行ったアタリから
だんだんとハイトーンボーカルとギターのディストーションサウンドに
高揚感を覚えた時代

1曲目から「これだ!」と思った。

それ以来GODはGODのまま

その昔実はデビュー当初は結構POPだったりしたが
同じイギリス出身のBlackSabbathとは一線を画し
時代の先端を走るべくシンセサイザーに手を出したり
グランジを取り入れたり
はてはロブとその他のメンバーが離れたりと色々あった

それでも私の中で「ヘヴィーメタル」の定義は=JudasPreistだった




ついにまたロブの歌声が聞ける

ニューアルバムnostradamus/ノストラダムス
そして今年日本公演の話が・・・・

その後のSLAYERを初めとするスラッシュやACCEPTなどのジャーマンメタルにも多大なる影響を与えた
メタル界のカリスマ

また熱い気持ちがもたげてきた

教えてくれた黒さん有り難う
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

オペラ [音楽]

今日、嫁さんの職場の同僚が出演するオペラを見に行きます
題目はフィガロの結婚

前からオペラには興味があり、溜池とか行ったときはいつかは見てやるぞ
なんて思っていましたが
いろんな意味でなかなか敷居が高く行けずじまいになっていました

そこに、たまたま嫁さんの職場の同僚が声楽をやっていたためにやっと見ることが出来ることに^^
今日のオペラは気軽に見れそうで楽しみにしています。

netであらすじは頭に入ったのでとことん楽しんできちゃいますよ~
ところで何時間くらいやるんだろ・・・


ビリージョエル [音楽]

昨日、ビリージョエルの11年ぶりに行われた単独コンサトに行ってきた。

元々は嫁が「最後になるかもしれないから」と言うことで、チケットを購入し
折角だから二人で、となったのだけど、実際には自分の方が盛り上がり、アドレナリンでまくり
懐かしいやら感動するやら、最高にすばらしいライブを堪能してしまった。

とにかく、あの声、そしてピアノ演奏、さらにはギタープレイにマイクパフォーマンス
どれをとっても奇跡的な天才のコンサートとしか言いようがなかった。
前半にいきなりオネスティーが始まって、まわりも静かで一緒に歌える雰囲気ではなかったけど、
あまりのすばらしさに我慢できず涙があふれてきました。

サプライズとしては、オーストラリアで演奏したらしいAC/DC(オーストラリア出身)の
HighwayToHellをギター演奏したこと!
後から嫁さんに聞いたところ、まわりのおじさん達は「ポカン」としながら、何となく手拍子していたらしいけど
私は一人でヘッドバンギング!!&Shout!
アンガスヤングばりに頭を振り振り堪能致しました。
それにしても御歳55歳で、HighwayToHellでギターとは・・・最高です。

最後の締めはピアノマン。
とにかく初っぱなからピアノの演奏はすばらしく、早弾きもガッツリこなし
締めにはみんなで大合唱。

本当にこのコンサートに誘ってくれた嫁には感謝です。
早く映像が見たいな・・・

最後に、すばらしいとは思いつつ名前や曲名などがカタカナなのは思い入れの差という事でご容赦。


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。